日替わり定食

誰の詩なのでしょうか?
パラリと開いた 雑記帳に いつ書き写したものか・・・
「憂」という詩が

      憂

  君みよ、双眼の色
  語らざれば、憂い無きに似たり

  憂い・・・・・が無いのではありません
  悲しみ・・・・・が無いのでもありません
  語らない、 だけなんです

  語れないほど、深い憂い・・・・・だからです
  語れないほど、重い悲しみ・・・・・だからです

  人にいくらせつめいしたって
  まったくわかってもらえないから
  語ることをやめて
  じっと、こらえているんです
  文字にも、ことばにも
  到底表せない
  深い憂い   を
  重い悲しみ   を
  心の底深く、ずっしり沈めて
  じっと黙っているから
  眼が澄んでくるのです

  澄んだ眼の底にある
  深い憂いのわかる人間になろう
  重い悲しみの見える眼を持とう

  君看よ、双眼の色
  語らざれば、憂い無きに似たり

  語らざれば、憂い無きににたり
  ・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・
[PR]
by umiko0 | 2007-03-13 14:40 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://umiko0.exblog.jp/tb/5322918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kamadatetsuya1017 at 2007-03-13 22:51
表現する・・って
語れないものをどうにかして・・だって含まれるのかも
だから・・表現って・・説明じゃないんだよなぁ

すっかりご無沙汰でした・・ごめん
昨日で春の仕事は終りました
結構根つめたから・・少し疲れましたが
それなりに成果がついてきてくれたから
それが癒しでもあります
これからまたボチボチお邪魔しますね
どうぞよろしく・・です
Commented by 海子 at 2007-03-14 06:32 x
kamadaさま
お疲れさまでした
そして おめでとうございます m(__)m
表現
kamadaさんの場合
表現したものが 形となって残る
が、ゆえに 悩み・迷い・苦しんで 完成されたものが残る
それが出来る 継続力と、恵まれた才能がある
そしてそれに少しでも接することが出来る 私たちの幸運

こちらこそ
これからもよろしく・・です
Commented by 銀姫 at 2007-03-14 08:51 x
ちょこっとおじゃまして・・・・・・・

kamadaさま
おめでとうございます!!

時々お邪魔させていただいて
kamadaさまの画像の色にため息ついて見ささせてもらってます。
Commented by 海子 at 2007-03-14 11:38 x
銀さんも嵌ったね
いろんな人に 見てみ 見てみのkamada氏ワールド
特に最後のmoreからはいる裏部屋には 唸りながら・・・
本体のHPエッセーも面白いよ~
Commented by sonouti at 2007-03-15 22:35 x
君看双眼色 不語似無憂 (白隠禅師)
良寛の愛した句だそうですが、詩は相田みつを?
(ネットから)
雑記帳とはまた、なつかしい言葉です。
Commented by sonouti at 2007-03-16 00:01 x
http://www.geocities.jp/todok_tosen/todok/solilo/sogan.html
白隠の句前に大燈国師の句があり禅のお話しになっています。
Commented by umiko0 at 2007-03-16 07:38
sonoutiさん
おはようございます
そして ありがとうございます
朝から とても感動いたしました
↑ から飛んで 拝見してきました
>・・・
辺り一面に拡がる千の峯々に双眼を見出す眼は、同時に人間の双眼に千の峯々を見出す。山に眼あり、人に山あり。

そんな風に読んでみると、ぞくぞくするような感動に見舞はれた。

最後に書かれていた文面そのままの心境です
時は今「千の風にのって」の大ブーム
ここに この詩をのせてよかった♪
この詩の 奥深さを教えてもらえて
本当に ほんとうに ありがとうございます
また、雑記帳に 書き加えておきます (*^_^*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード