日替わり定食

上関 神明祭


1月27日

うどんときな粉餅を食べに行きました。美味しいんです。

e0064375_14321146.jpg
ええね 僕なんか前歯が抜けたばかりで
ハフハフ
e0064375_14332861.jpg
熱さが!!!直に歯茎に!
e0064375_14350232.jpg
目の前は海
e0064375_14353941.jpg
消防車 待機
e0064375_14362122.jpg
dokofukuさんから男の子の前の女の子は何しているんだろうの質問に・・・
じつは、ウミガメが打ち上げられていたんです。(死んでる)
反応したのは女の子だけ 最後まで男の子は近寄りませんでした
e0064375_09351329.jpg

e0064375_14370522.jpg
e0064375_14374107.jpg
それぞれが、それぞれに時間つぶし
e0064375_14392788.jpg

***********************
「上関神明しんめい祭」が27日、上関町長島の沖の浜で行われた。

 戦国武将の小早川隆景が始めた戦勝祈願の祭事が始まりで、小早川家の家臣だった浦氏が上関に領地を得たことから上関に伝わったとされる。現在は正月飾りなどを燃やす「とんど」と融合して伝承され、町内有志でつくる「かまどがせき会」が1月の第4日曜日に行っている。

 御神体は、松の葉で飾った「男神明」とシイの葉で飾った「女神明」の2体。子どもたち約10人が火のついた矢を放って点火すると、勢いよく燃え上がった。  【ネット検索】
*******************

e0064375_14425305.jpg
最後に餅まきと上関でとれたひじきがお土産に・・・



by umiko0 | 2019-01-31 14:45 | 行事 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://umiko0.exblog.jp/tb/27972305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 井上雅行 at 2019-01-31 22:25 x
こんばんは
今年も行かれたのですね。温かいうどんときな粉餅、男の子の顔から美味しさが伝わってきますね。地元に伝わる伝統の祭り、いつまでも続いて欲しいですね。今年も上関に河津桜を撮りに行こうと思っています。春が待ち遠しい今日この頃です。
Commented by 福来路 at 2019-02-01 09:27 x
伝統のあるお祭りのようですね 知りませんでした
県産にして錦帯橋以外に足を踏み入れたことのない県東
内田康夫の小説では祝島が寿島と名称を変えられていましたね
最近あまり話題になりませんが原発のその後は?
間もなく立春
我が家の台所には干瓢と椎茸が用意されています
海苔巻き(恵方巻)の準備のようです
Commented by dokofuku at 2019-02-01 11:18
山崩し?棒崩し?砂崩し?
この写真は小石くずしになるのかな?
呼び方がどうだったか忘れましたが、小学生の頃
よくやりました。なつかしい。
今考えると、運動場に集められたまま、長時間待たされるという
シーンが、何度もあったのでしょうね。その時間つぶしに
やってた遊びだったような気がします。

男の子のギャラリーの前で、女の子はどういう遊び?を
してるのか?いろいろ推理してみましたが、ちょっと
思い当たりませんでした。
でも、子供は日々感動の毎日だということだけは伝わって
きました。
Commented by umiko0 at 2019-02-02 09:40
井上雅行さん

ここのおうどん
味付けがみそ味なんです。
お味噌汁のうどんみたいな・・・
豆腐や白菜、つみれが入っていてとても美味しいうどんです。
きな粉餅もつきたて これが楽しみで行かれる方もたくさん(私も(>_<))
Commented by umiko0 at 2019-02-02 09:49
福来路さん

この上関の目の前が祝島
原発の件は消滅した話ではなく まだまだくすぶり続ける課題のようです。
それが表に一番出てくるのは選挙
今だ推進派と反対派のバトル
目の前のお金の問題 未来への安心できる希望 等々入り交じり
祝島は強い意志をもって沖合の海上で沈黙しています。
Commented by umiko0 at 2019-02-02 09:53
何処吹く風さん

画像を一枚追加しました。
男の子の前の女子 好奇心旺盛な女子たちでした。
こんな場面を見ると嬉しくなってつい祭りなんかどっちでもよくなってしまいます 
食べるもんだけ食べといて・・・
Commented by dokofuku at 2019-02-02 14:00
回答いただき、ありがとうございました。
これは、予想外でした。
打ち上げられた死骸も確かに好奇心を
くすぐりますね。女の子、男の子すべての中で
一番強い好奇心にかられたのが、この子だったというのも
ちょっと意外。こういう対象に目を輝かせるのは
男の子の役割で、女の子は冷ややかな目を向けるなら
まだいいほうで、まったく無視するか非難のまなざしを
投げかけるかでした。(にっぽん昔話より)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード