日替わり定食

旅をする木

きのう、退屈な私に付き合ってくれたのは
本箱の中からの一冊の本

「旅をする木」星野道夫

一度読んだことがあっても またも読み返して喜べる私です。
(前に詠んだ記憶がほとんどない(-_-;))

手が届く場所に、テレビのリモコン ペットボトルのお茶を用意して
横になったまま
錦川の水のように澄んだ言葉、文章の流れを追った。

悲しいとか苦しいとかには全く関わりなく綴られたこの本

洗濯もののタオルがたたまれた横で、食べかけの甘夏柑の香りが匂う中で
暫し私も トウヒの種子となって見知らぬ土地を旅してみる。

e0064375_08245163.jpg





http://umiko.net/0ページ
[PR]
by umiko0 | 2017-05-31 08:26 | 自然 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://umiko0.exblog.jp/tb/25812457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 福来路 at 2017-05-31 09:23 x
オオゴトでしたね まだ痛みますか?
階段の下から3段目
数年前 孫を抱いて滑り落ち 肋骨2本骨折したのも3段目でした
「海子さんがケガで静かにしている時 その同じ瞬間 もしかすると
 アラスカの海でクジラが飛び上がっているかもしれない」
ゆっくりご静養下さい
Commented by 井上雅行 at 2017-05-31 10:15 x
おはようございます
お加減はいかがですか。咳をしても笑っても痛いし、しばらくは不自由ですね。周りに必要なものを置いてじっとしているのが一番です。美味しいお菓子の食べ過ぎには注意して。umikoさんが動けない間は越後屋さんにしっかりと協力して頂いて、umikoさんはどっしりと構えて「ああして、こうして」と指示を出しながら静養に専念して下さい。お好きな本を読んだり短歌を詠まれたり、神様が下さった休息の時間だと思ってお過ごしください。
Commented by umiko0 at 2017-06-01 09:35
福来路さん

これまで病気、ケガなどにあまりならなかった幸運
健康のありがたみがわかります。
左の脇腹骨折で、色々試して 全てを左側から行動すれば
(踏み段を上がる、寝返りを打つ、椅子から立ち上がるは左足から 左側から)
だと、痛みが軽いなと感じて大発見みたいで喜んでいます。
こんな小さな喜びでにんまりしている私の居る場所から
遠く離れた場所で鯨が飛び、熊が走り、深海ではまだ見たこともない生き物が彷徨っているのでしょうか・・・

Commented by umiko0 at 2017-06-01 09:41
井上雅行さん

ありがとうございます。
美味しいお菓子 冷蔵庫にいっぱい (-_-;)
まさか骨折なんて思わなかった 越後屋
骨折した2時間後には買い物かごを持たせ、買い物
何十年 寝込んだことなし、病気なし
それが2日たって病院へ行くと言ったら
打ったんだから今日ぐらいが一番痛い時だと・・・
骨折と分かったら、祝いのように 寿司と西瓜を買ってくれました 
(-_-;)