日替わり定食

ふたりの桃源郷


きのうは山口放送が25年にわたり
電気も電話も水道も通っていない山奥で暮らす一組の夫婦と
晩年 それを支える家族のドキュメンタリー映画を見に行った。

上手くない雑な表現しかできないが
本当に、ほんとうにいい映画だ

寅夫じいちゃんが、フサコばあちゃんの髪を梳いてあげるとき
フサコばあちゃんの髪をカットしてあげているとき
フサコばあちゃんの顔がなんとも、なんとも いいっ!!

フサコばあちゃんの表情は自然で可愛くて
使われなくなったバスがふたりのベッドルーム
よじ登るフサコばあちゃんに手を貸す寅夫じいちゃん
このようなベッドイン あなた 見たことある?

消えてゆく記憶の中でも
おじいちゃんを恋い慕い山に向かって呼び続ける
こんな愛情物語

愛をテーマの映画で、こんなに泣いて感動して考え込んだ映画
今すぐにはこれと並ぶものを思いつかない・・・

タイトルは「ふたりの桃源郷」

こんなに素晴らしい映画を初めて一緒に見るのに
(40ん年映画は見たことがなかったそうな(-_-;))
映画を見ていたら酔ったと、吐きそうと目を閉じて下ばかり見ていた 越後屋

ああ、「ふたりの現実社会」  やっぱ映画はひとりで見るわ


    Home

e0064375_1983470.jpg

[PR]
by umiko0 | 2016-06-12 19:12 | 雑談 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://umiko0.exblog.jp/tb/24453173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 福来路 at 2016-06-12 23:35 x
ここ何年も劇場での映画は見ていません
勿論同居人と一緒に見たのは何十年も前のこと
このぺえじに登場する越後屋さん 
海子さんの記述から推測して
「亭主関白」の印象を強く感じていました
どちらかと言えば長州人はプライドが晋作
映画に同行して下ばかりみて・・・・
越後屋さん 根はシャイで優しい男とお察します
この先映画はひとりで見ても「ふたりの現実社会」は大切に


Commented by 井上雅行 at 2016-06-12 23:46 x
山口放送の製作したドキュメンタリーが映画になったのですね。さっそくYouTubeで予告編を見ました。山の中での年老いたご夫婦のラブストーリー、ここに住み始めてからの25年間の足取り、一度は都会に出て行っても再び山に戻り「ここが原籍じゃけえ」と口から出た一言、全てを表していますね。トラオさんの行き方に寄り添われたフサコさん、大変だったがお二人にとっては最高の人生だったのでしょうね。お二人を支えてこられたご家族の人たちも素晴らしい絆と家族愛で包まれた人達でしたね。たった11分くらいの予告編でしたので本編を是非見たいと思いました。私も家内とあの歳まで共に生きていけるといいでしょうね。山口放送、よく頑張りましたね。映画を製作した人達に感謝ですね。
Umiko0さんが午前様になるまで追いかけられた蛍の写真、ナイスショットです。越後屋さんも文句のつけようがない一枚です。
Commented by 何処吹く風 at 2016-06-13 18:46 x
今年は、劇場に3回足を運びました。途中、シニア料金が100円値上げになりました。
最近は、ネタ切れ…ではないのですが、ブログには映画の感想ばかり
書いてます。
劇場よりも、パソコンで見るほうが圧倒的に多いのです。
ブログに書きながら、いつでも確認できるし、スクリーン
ショットとるのも簡単ですし。
今日、観たのは「縞模様のパジャマの少年 (2008)」
フィクションですが、ホロコーストを取り扱ったもので、
「ふたりの桃源郷」とは、逆に心が凍る映画です。
むか~し、見たお気に入りの映画は「バグダッド・カフェ」です。
アメリカ旅行中に夫と喧嘩をし車を降りてしまったドイツから来た
旅行者のヤスミンが、モハーヴェ砂漠の中のさびれたモーテルにたどり着く…
ところから物語が始まるのですが、先ほど、Yahoo!映画の
ユーザーレビューをざっと見たら、5点満点を付けた人と2点しかつけなかった人が多い感じでした。
私はアメリカ映画よりも、ドイツ映画とかフランス映画が好きなので
好みによるんでしょうね。劇場で見るにはアメリカ映画は迫力ありますけど。
最近は、ブラジル映画を集めてます。
Commented by 何処吹く風 at 2016-06-15 16:09 x
あ、そうそう。勝手に Win10 にアップグレードの件、確認しました。
勝手にアップグレードのスケジューリングする更新が入っていたのですね。
確かにスケジュールを変更したり取り消すこともできるようになって
いるとはいえ、そもそも、スケジューリングされたことに
気づく人は稀でしょう。
またしても、小さな親切大きなお世話の Microsoft 節の炸裂ですね。
だから離れたいんですが、今使ってるソフトのほとんどを人質に
取られてますからね。
ところで、オススメの「ふたりの桃源郷」を観たいのですけど
上映館が少ないので、今はムリです。残念です。
Commented by umiko0 at 2016-06-15 17:23
福来路さん

えっ?!
亭主関白という字にふりかなをふったら、えちごや じゃないんですか?・・・
映画はこの度が初めて
喫茶はたった一度だけ(しかもさっさと飲んで先に出とくぞ と)
でも、私がするといった事にいけないとは言いません
(私自身に興味が無いのかも・・・)
でもまぁ~ いまさら 感つよしで・・
Commented by umiko0 at 2016-06-15 17:30
井上雅行さん

地味な映画ですが機会があればどうぞ見てみてください。
私が行った日は初日で1回目は満席
ご年配の夫婦の方が多く、会場からすすり泣きの声が
監督さんもまだ若い方ですが、舞台挨拶で感極まって言葉が詰まる場面も・・
あのおじいちゃんも、おばあちゃんも自分たちはテレビを見ることはなく
ただただ、あんたたちの役に立つんならと・・・
それぞれが自分の親に重ね、祖父母に重ねながら見ていたんだと思います
Commented by umiko0 at 2016-06-15 17:40
何処吹く風さん

ありがとうございます。
またも、PCの調子 いまいちでもうめんどくさくなってしまって・・・
ノートのキーボードの接触が悪いんだろうけれど
他所へ飛ばないし、検索すら出来ない・・
暑いけれど久々2階に上がってこれを打っています

二人の桃源郷 マイナーな映画でもあるので
何処吹く風さんの地方で上映されるかどうか分かりませんが
もしもチャンスがあればぜひどうぞ
生き方を考えさせられます
何が一番幸せか どう生きたいか 
命の力を見ました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード