日替わり定食

歌集2冊

手元に2冊の歌集がある。

一冊は青潮創刊70周年記念合同歌集
もう一冊は 佐伯裕子「流れ」

  祖父(おおちち)の処刑のあした酔いしれて
  柘榴のごとく父はありたり

                      佐伯裕子

帰って少し調べてみました。

土肥原賢二をおじいさまとして、1歳のとき戦犯として処刑
時代は人を巻き込み、当人や周りのものへ耐え難い悲しみの事実を残します。

それなのに、話が上手くて 深くて 知的で、笑顔のすてきな歌人
佐伯裕子さん

惚れちゃったかもしれない


締め切り間際まで何もせず
出来ないからと辞めちゃうか?の、いい加減さ
少しこころ入れ替え
自分が自分でいられる場所を大切にせねば・・・何事も


      Home


e0064375_1427320.jpg

[PR]
by umiko0 | 2016-05-09 14:29 | 雑談 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://umiko0.exblog.jp/tb/24366423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 井上雅行 at 2016-05-09 23:50 x
晴耕雨読ですね。佐伯裕子さんの「流れ」、興味をひかれますね。短歌や俳句にはとんと関心がなかったのですが最近は新聞や雑誌の短歌や俳句に目がいきます。Umikoさんも青潮短歌会に入られているのですか。ここ二、三日は雨模様ですからゆっくり読書や創作に専念して下さい。Umikoさんはいろんな顔を持っておられますね。ある時は写真家、またある時は俳人…、女性版多羅尾伴内 or 七色仮面(両方とも古いね)だと思います。ほんとの顔はどれでしょう…です。
Commented by umiko0 at 2016-05-10 21:04
井上雅行さん

今日は一日雨でしたね
電柱工事のため昼間停電で、雨が降る薄暗いなか
テレビも、PCも使えず本を読んですごし佐伯裕子さんの歌集読み上げました。
青潮短歌会にはまだ日が浅いのですが会員です。
今回本にも参加させていただきズーっと先
いい思い出として開けたらなと思っていますが・・・恥ずかしい思いもするんでしょうね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード