日替わり定食

<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

高原の唱

街の綺麗なおねえちゃんもいいけど・・・
夜の妖しいおねえちゃんもいいけど・・・

高原にて
可愛い子や
貴婦人たち
毒をふくむ妖しげな淑女も・・・

逢いに行ってみました
e0064375_1021745.jpg
e0064375_1023648.jpg
e0064375_1025944.jpg
e0064375_1031620.jpg
e0064375_1034857.jpg
e0064375_1051610.jpg
e0064375_1054481.jpg
e0064375_1061243.jpg


いやぁ~ん かわいいぃ~♪
[PR]
by umiko0 | 2010-09-28 10:13 | | Trackback | Comments(4)

感動屋がゆく 4.

居間・書斎・ベッドルーム・風呂・・・
と、どこも自然光を取り入れて
とても落ち着いた雰囲気です

こんなところでゆっくりと流れる時の中に身を置く
最高の贅沢?

e0064375_7291966.jpg

e0064375_7295755.jpg

水瓶を真っ二つに切って、半分ずつを埋め込む手作りの洗面所
e0064375_7304418.jpg


e0064375_7311655.jpg


帰りにいただいた名刺から
彼女は松場登美さんと判明
群言堂
e0064375_7394458.jpg

たまたまというのか
偶然の出会いがまた私に大きな一つの感動をくれた石見の旅でした。
e0064375_7402187.jpg

[PR]
by umiko0 | 2010-09-27 07:46 | | Trackback | Comments(4)

感動屋がゆく 3.

一軒目 二軒目で充分過ぎるくらい感動したのに
「本当に見てほしかったのはココです」
と、案内していただいた3番目の家

途中 目で見るのが忙しく写真撮ることも忘れがち
ワーワー、キャーキャーいうばかり
庭も、書斎も、蔵も・・・

で、私の一番のお気に入り場所台所
e0064375_12585466.jpg
e0064375_1259372.jpg
e0064375_130738.jpg
e0064375_1302868.jpg


どう? どう? どう?

もひとつおまけに これもどう?
e0064375_1325974.jpg

すべての物を実際に使いながら生活しておられます
私はこの時点で完全にノックアウト・・・

休憩入れます

e0064375_1351966.jpg

[PR]
by umiko0 | 2010-09-12 13:08 | | Trackback | Comments(7)

感動屋がゆく 2.

石見の町並みはどこを撮っても絵になります。

e0064375_21215489.jpg

e0064375_21223142.jpg

e0064375_21234990.jpg



次の場所を案内していただきました
e0064375_21261654.jpg

e0064375_2152138.jpg

世界遺産石見銀山大森地区の町並みの中で
流れる時の中
風化しそうな古民家を彼女は8軒再生し
今、この地の風土の中に溶け込みながら生きておられます
e0064375_2135581.jpg

[PR]
by umiko0 | 2010-09-10 21:34 | | Trackback | Comments(6)

ちょっと、お茶しませんか

普通は台風が去ったら急に秋?って感じで
涼しくなりません?

感動屋がゆくも書かなきゃだけど
ちょっとティータイム
さくらえびちゃんの沖縄紀行読んでたら思いだしちゃって
みなさまもどうぞ夏 惜しみつつ

ゴンチチ聞きながら
お茶飲みながら
しばしご歓談を・・・?

http://www.youtube.com/watch?v=ldApRj9X_lk&feature=related
[PR]
by umiko0 | 2010-09-08 15:09 | 雑談 | Trackback | Comments(5)

感動屋がゆく 1.

人との出会いは本当に不思議です。

どういうわけか
昔から、師にしろ友人にしろ 勝手に知人にした!にしろ
時として素晴らしい人と突然の出会いがあったりします

感動屋の私はそんな時
興奮と感動に震えながら、幸運に感謝します


今回がまたそうでした。

日本に帰ってきて3カ月
いつのまにかパラサイト化してしまったリチャードと
足を悪くして歩くことままならない越後屋と
(目的地までは連れて行き、後は車で待機 (;一_一))
ぐるりん山陰小旅行をしてきました

いろいろ、いろいろハプニングはあったものの
まだ行ったことがないというリチャードのリクエストで
石見へ・・・
その小さな町並みを歩いていた時のことです
e0064375_12374276.jpg

この写真を撮っていると
ひとりのご婦人が自転車でツィー~っと来られて

この家に興味がおありなら中をご覧になりますか? と
「えっ!いいんですか?」
ちゃっかり、すっかりもう中へ・・・



それからの時間は
まるで、まるで夢の中、不思議の世界、感動の嵐

それを少しずつ紹介していきましょうね
(了解は得ておりますので)



先ずは最初のこの家の内部e0064375_12393455.jpg
e0064375_12415721.jpg

電気は全くありません
文化を排除してみました とか
すべて自然光と蝋燭の明かりのみ
夜、自然と集まる仲間と飲んだり、語ったりだけのための家だそうです

ガラスの切れ端を積み上げて窓へ はめ込み明かりとりへ
e0064375_12423590.jpg

夜は蝋燭の明かりでことさら綺麗だそうで・・・
e0064375_1243475.jpg

見たい~ ここで飲みたい、語りたい~



「今日お時間ありますか?」

あ、ありますとも~
の、感動屋 次のステージへと行く・・・

e0064375_12434364.jpg

[PR]
by umiko0 | 2010-09-07 12:49 | | Trackback | Comments(12)