日替わり定食

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

邪馬台国

は、何処にあったか・・・

畿内説と九州説があるそうですが
とりあえず

九州説の視察に行って来ました。

なんとなく
卑弥呼婆ちゃんは、うみこの遠い身内のような気が
したり、しなかったり・・・・・(;一_一)

さて場所としては
神がかり的な土地だっただろう
e0064375_7245827.jpg

きっと
美味いもん 好きだったはず
e0064375_7272253.jpg

e0064375_7322488.jpg

魚だって逃げ出すくらい活きのいい魚 食ってたはず
e0064375_7283833.jpg

イカだって
e0064375_7295940.jpg


そして、腹いっぱいになったら
あとは
ゆっくり ごろごろ・・・
e0064375_7325210.jpg


e0064375_7345159.jpg


次は畿内説調査か?
あっち、美味い物 なんだろ?   ( ´△`)
[PR]
by umiko0 | 2009-07-21 07:40 | | Trackback | Comments(2)

あなご、うなぎ、うどん・・

幸せはひとそれぞれ・・・

その季節に一番おいしいものを美味しく食べることができた時
あぁ~幸せだなぁ~と
食に幸せを感じる おんな ・・・・・・・・・(;一_一)


先日
今年も夏の味 鱧が京都から届きました。
幸せ~~~
e0064375_928287.jpg

e0064375_929311.jpg

鱧しゃぶでいただく♪


で、きのうは「土用の丑の日」
うなぎ食べました?
私はひとりカップうどん食べました(微妙に不幸せ・・・)
[PR]
by umiko0 | 2009-07-20 09:30 | | Trackback | Comments(0)

ぽM

e0064375_11304066.jpg


すてきな詩をみつけた。



さびしい                   都月次郎



人間はみんなさびしい
そのことをもっと話してもいい。
さびしいから酒をのみ唄をうたう。
大さわぎしたあと
帰っていく一人の後ろ姿を見れば
それが分かる。

おじさんだってさびしい
りっぱに禿げていても
部下を怒鳴りつけて
女子社員を泣かしても
本当に泣きたいのは
おじさんの方だ。

おばさんだってさびしい
スカートのホックが閉まらないほど
おなかにかんろくがついたって
あんなに苦労して育てた
息子や娘たちが
夜中になっても帰って来ない。
猫と二人だけの夜
誰も食べずに冷えていく
テーブルの夕飯を見ていたら
外へ出て行きたいのはおばさんの方だ。

子どもたちもさびしい
だからあんなにでっかい音で聞く
あの音がなかったら
そのさびしさにとても耐えられない。

暴走族もさびしい
先生もさびしい
寝たきりのじいさんも
ダンスに通うばあさんも
レジのパートも
コンビニのアルバイトも
不機嫌なタクシーの運転手も
交番の赤い灯の下で
一人で立っているお巡りさんも
みんなさびしい。

みんなさびしいのに
だれも
さびしいと言えない。


e0064375_11331313.jpg


さびしんぼ~は、出ておいで~~♪
e0064375_11343870.jpg

                  
[PR]
by umiko0 | 2009-07-15 11:36 | | Trackback | Comments(10)

若き者


  海ちゃん そんなとこでなにしてんの?

  ぐっっっ・・・ メタボ体操

e0064375_1119353.jpg


きのうは若き、もの静かで・・虚弱体質で・・小食で・・美しい4人衆が
青春を満喫してきました
「絵になる人たちの休日」 (-"-)
e0064375_1121719.jpg

楽しかったから


ふぐ
e0064375_11214259.jpg


また 次 行こうや!

クマノミに、  い、いや、、、こっちの身にもなってくれ!
e0064375_11221340.jpg

そんなこと言わんのっ
いいことしてれば極楽へいけるんよ

分りもしない未来より現実の地獄から解放してほしい・・・

って?

    だぁ~~~め!


青年よ大海を目指せ そこに光が ・・・・・?(意味不明) (;一_一)
e0064375_11223819.jpg

[PR]
by umiko0 | 2009-07-12 11:35 | 雑談 | Trackback | Comments(0)

吾輩はネコである

吾輩は猫である。
e0064375_12503010.jpg

名はころころ変わる。

そもそも、吾輩は女の子ということでこの家に来た
その日の天気は曇り
兄ちゃんが
ベンガル語で雲のことは「メグ」と言う と、そこから
名前は「メグ」に決定

犬派のこの家での吾輩のやんちゃぶりは
この家の家族を驚かせた
和室の障子はボロボロ、廊下のカーテンはボロボロ
怒る越後屋なる者
いつも吾輩を「おいこらネコ!」と呼ぶので
吾輩の名は

 「メグオイコラネコ」かと思ってた・・・

そのうち
こいつは♂だぞと、越後屋
母さん
えぇ~!!じゃ名前はどうなるの?と悲鳴をあげたが

     知らんわい そんなこと

母さん
「メグ」とか「メグちゃん」とか、言い間違いか意味不明の「エビちゃん」とか呼んでいたが
最近「メグ蔵」に落ち着きつつある・・・・・(--〆)

一番好きな兄ちゃんが短期の勉強でお江戸へ
遊び相手もなく、部屋にも入れず
ちょっと元気なくしていたら
母さんが変な方向へ走りだした

脳科学おばあちゃん 久保田カヨコの「くぼた脳研」
天才児は0歳から~に興味をもったらしい
それを吾輩で実践してみようと試みおった

生後2か月ちょっと
吾輩は日々 天才猫として成長しつつある(か?)

  人間・・・愚かなり、面白きかなこの生き物  byメグ蔵
e0064375_1251449.jpg

[PR]
by umiko0 | 2009-07-05 12:53 | 雑談 | Trackback | Comments(9)