日替わり定食

おたまちゃんが止まらない♪

台風、今 どこ?

雨も降っていない
風もない
虫がないてる

でも、と 見当をつけて行ってみました。上関

やっぱり台風を避けて船 いっぱい停泊中
滅多に見られない光景です。

でも写真には難しい~~~~~(広角持ってないもの)
光がないもの (設定が分からないもの)
船 ばらけすぎ!

だから何?って・・・・・・
                 なんでもありません

あのね この店 今 店主まるでやる気が無いから
いい店紹介するわ
毎日玄関開いてるよ(楽しいよ~)
    
おたまちゃんち Moreで

  ↓







http://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/blog/ おたまちゃんち
[PR]
by umiko0 | 2017-09-16 20:02 | 雑談 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://umiko0.exblog.jp/tb/26051194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 井上雅行 at 2017-09-16 23:51 x
こんばんは
臨時休業中の定食屋さん、夏のお疲れが出られておられるのかなと心配しておりました。大丈夫のようですね。かく言う私も夏休み明け病、自殺しないのが不思議なくらいです。いやいや、残された人生の生命は大事に使わなくては…^_^。
先週何処でやられたのかは不明ですが、当て逃げにあって運転席側のドアに凹み、愛車は一週間修理工場に入っていました。「犯人出てこ〜い。」o(・x・)/ 愛車は昨日やっと帰って来てくれました。さあアケボノソウを撮りにいくぞと思ったら台風接近中、このところ何事もうまくいきません。今日も今日とてカープは負けるし。umikoさん家では熱帯低気圧が台風になってませんか。
明日は本物の台風がやって来そうです。気を付けてお過ごしください。
「おたまちゃんち」寄ってみました。迫力に負けました。さすがumikoさんのお仲間です。
Commented by おたま at 2017-09-17 09:07 x
おずおず。
背中で泣く女。おたまです。
海子さま。ごっついプレッシャーかけてくれるやないの!
うちの店。台風でやられるかも・・
あ。裸電球が・・・き・・きれそう・・
Commented by 福来路 at 2017-09-17 11:38 x
ここの主
ネタに困っても素晴らしいお友達に話題を振って
身をかわす知恵をお持ちかな?
策略に乗ってお勧めお店を尋ねてみると
これが又ここのお店と変わらぬ上等なお店ばかり
正に「類は類を呼ぶ」
店を持たないホームレスとしては
ネットライフを楽しむ幅が広がります
台風接近 ご注意下さい
Commented by umiko0 at 2017-09-17 18:43
井上雅行さん

色々大変でしたね
当て逃げ!
その人 気がとがめないのかな~
日々、胸がチクチク痛まないのかなぁ~
そんな時を持つくらいなら潔さが自分を救うのにな
カープの試合 雨で中止になりましたね
越後屋も「この雨じゃしょうがないと言って
昼間から寝たり起きたり だらだらしています。
Commented by umiko0 at 2017-09-17 18:50
おたまちゃん

すごいなぁ~~と、感心と尊敬のまなざし。
毎日更新
わたしなら頑張って、ガンバって、がんばって・・・4日だな
しかも中身の濃いこと 深いこと、楽しいこと
あのコメントを幸い、楽しい日々ですが
どうぞ無理なきよう
かつて「しばらくブログの更新休みます」と寂しい思いをしたころを思えば至福の今日この頃です。
ありがとう
Commented by umiko0 at 2017-09-17 18:55
福来路さん

このおたまさんのブログは今のブログの前からのファンです。
この方は根強い隠れファンが多く
ブログランキングでもいつもトップにおられましたが
ランキング卒業
ブログタイトルにも深い意味がありまして
胸を打たれたことがありました。
まさかこの店にふらりと立ち寄り、コメントを入れてもらえるなんてのお客さまです。
Commented by 権兵衛 at 2017-09-18 23:54 x
ヤギの写真、皆さんは何を想われるのでしょうか?、私の場合このおじさんヤギの目は「看護婦物語」(米国TVドラマ)の主役ジナ・ベシューンの目を思い出します、海子さんはご存じないと思いますが。(白黒TVの時代)
Commented by umiko0 at 2017-09-20 19:16
権兵衛さん

山羊の目で役者さんの目を思う・・・わお、の観察眼ですね
このヤギ
確かに私を一度は確認したはずなのですが
その後は全く ガン無視!!
そこらの石ころ扱いで呼べど、叫べど、手拍子すれど 無視
岩の上で爆睡してしまいました
以前このような経験があったなぁ~ と 思い出せば
そうよ 電車の中で途中から乗り込んできた女性が
おもむろに ど、すっぴんから大化けするまでの化粧ショー
真ん前の私をいないかのごとくの振る舞い

何だか肩が落ちる秋の始まりの出来事でした・・・