日替わり定食

曼珠沙華

彼岸が過ぎたら 彼岸花を曼珠沙華と言いたくなる曼珠沙華

でも
マンジュシャゲ
マンズサゲなどと言い間違わないように
少しの緊張が走ります

曼珠沙華は写真を撮るのは難しいんだそうです・・・
そうですか・・・

撮りました~ららら♪
(↑ 恐れちゅうもんを知らんのです)
e0064375_18444986.jpg
e0064375_18453135.jpg
e0064375_18455949.jpg
e0064375_18464234.jpg
e0064375_1847586.jpg
e0064375_18502227.jpg


e0064375_17511966.jpg

その曼珠沙華も終わって秋は本番となりました。
[PR]
by umiko0 | 2010-10-14 18:50 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://umiko0.exblog.jp/tb/13417748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 不苦労  at 2010-10-14 22:06 x
畔に曼珠沙華は合いますね
夏が居座っていた時は 火の粉を撒き散らす程の情熱も良いですが
周りに秋色が偲び寄ると 露を含んでしっとりと佇む姿も良いですね
Commented by 海子 at 2010-10-15 19:15 x
不苦労さん

今年は遅れに遅れて咲いた曼珠沙華
団体で見ても、個体で見てもなんだか心ひかれる花です
秋はそういう花が多いですね
コスモス、蕎麦の花、萩の花、金木犀、野菊・・・
寂しいからきっとみんなで集まってしまうんでしょうか?(-"-)
Commented by 不苦労  at 2010-10-15 23:13 x
向日葵で一言
菜園の片隅に向日葵があります
つぼみが出来 花が咲き 枯れました
枯れた花を見て 何とか絵にならないかな?と考えましたが
良い知恵が浮かびませんでした
曼珠沙華を配したり 何処かで蛙を配した枯れ向日葵を見ました
蕾 花 枯れ花 全て絵にしてしまう手腕 
参考にさせて戴きます

向日葵はみな こうべを垂れて 南無観世音  (三等下)
Commented by umiko0 at 2010-10-17 18:08
不苦労さん

最後に一枚追加しました。
終わりの美
は、単体だけでも充分に私を魅了してくれますよ~
花の一番きれいな時を撮ってあげたほうがいいのでしょうが
私は咲き切った最後の瞬間まで目が離せません
この向日葵に鳥が来て種を食べていました
写真なんか撮っていずに早くのいてくれ・・・
落ち着いて食べられないじゃないか と、近くの木の上から
ビチビチ文句言っていました。
Commented by はみんぐ☆ばあど at 2010-10-18 07:33 x
人生を感じさせる、向日葵ですね。
確か日本画だったと思いますが、花の終わりを好んで描かれた方が
おりました。

久留米のYさんは、「山口怜子さん」です。
今月いっぱい、イベント開催中で彼女が住む北野町に
全国からファンが集います。
わたしもようやく時間がとれそうなので・・・。来週行く予定です。
Commented by 海子 at 2010-10-18 23:17 x
あわわ・・はみんぐ☆ばあどさん

気がつかづにするーするところでした ごめんなさい
日本画で花の終わりを好んで・・・見てみたい気がします
自分自身が人間の終わりに近づいて
命の終わりが いと哀し、いとおかし、いと愛しになっちまって
と、いと怪しくなっている今日この頃です

久留米の山口玲子さん
少しネットで調べてみました・・・パッチワークの世界では名のある方ですね
いろんなことをご存じの はみんぐ☆ばあどさんとのご縁こそ
感動ですが興味シンシンです(^-^)
Commented by ヒラノ at 2010-10-19 15:02 x
まんずさげ・・なにか問題でも?日本語ワカリマセーンヒラノですー
夏の大主人公ひまわり大王から、秋のまんゆしゃげ女王さまに地位を譲り。季節のダイナミックなうつろいまでおさめた写真、お見事です!
枯れた花は、ヘルマン・ヘッセさんも愛して、たくさん水彩画に描いておられますよ。
植物と鉱物(土?)のあわいのような、はかないけれどフシギに強烈な存在感もありますよね。
Commented by 海子 at 2010-10-19 19:09 x
ヒラノっち

>まんずさげ・・なにか問題でも?

なんの問題もありません、なんの問題も・・・
が、なんの問題もないのになぜか首を傾げてしまう私です。(-"-)
そうかぁ~
絵のことにはヒラノっちに聞きゃぁ~よかったんだ
そう?ヘッセさんが(友だちか?)枯れた花描いてたって?
知らなかったことまたひとつ、死ぬ前に知ることができた
ありがと (^-^)
Commented by yama at 2010-10-28 01:29 x
初めまして、以前(高校の頃のお写真が流失した以前?)から楽しく読ませて頂いておりますが、山口(特に長門地方)の風土慣習に関心を持つ県外の者で「yama」と言います。よろしくお願いします。
ところでこのページの曼珠沙華の背景に写っている「藁たば」の呼び名が知りたいのですが、ご存じありませんでしょうか。(どなたかでも) あと白いのは蕎麦でしょうか。場所の大まかな地域を知りたいのですが・・。記事から想像して、海子さんはおおまかにいうと、瀬戸内海側にお住まいでしょうか。ではまた。
Commented by 海子 at 2010-11-07 09:22 x
yamaさん

焦りました!!!
コメントいただきながら、気付かずにいた失礼お許しくださいね

最近はおお手抜きで写真の数で誤魔化して逃げるパターン多しのこのブログ
はたまた放置したまま知らんぷりのHP (;一_一)
コメントもらいながらも気付かないまま
謎かけでようやく気付いて自分を褒めるお気楽さ
よくぞ呆れもせず(呆れとる?)お付き合いいただき感謝です

さて、失礼したお詫びに
きょうはとっくりと、じっくりと、まったりと?・・・

>ところでこのページの曼珠沙華の背景に写っている「藁たば」の呼び名が知りたいのですが

わらすぼ?
こちらではもっと本格的に作るのを「としゃく」「のう」などと言っています
今だ牛が飼われている家などは藁がいりますので
後は草鞋?(-"-)

こちらこそどうぞ、末長くのお付き合いよろしくお願いいたします <m(__)m>
Commented by 海子 at 2010-11-07 09:23 x

文字が多すぎると文句言われた (-"-)

続きの削除した部分 

・・

コメントいただいた日にちは10月28日
白い花は蕎麦ですが、今や新蕎麦となって誰かさんたちの口へと・・・
私は山口ですが(瀬戸内海より)
蕎麦はあちらこちらで見られます
yamaさんは写真をお撮りになるのかな?
今季は時期を外してしまいましたが、いろいろなばしょをこれからも案内いたしますので
今回の失礼お許しくださいね
Commented by yama at 2010-11-08 00:45 x
お気づきいただきまして、そしてお返事を頂き感謝です。ペコリ。悪いことをしているのでは無いのですが、少しわけありで、目的をしっかりご説明できればいいのに、申し訳ありませんです。ある事から昭和初期からの山口、北浦の歴史風土を調べています。
意地悪して黙っていたのでは無いのですが、期待してた「としゃく」の答えが聞けました。さらに「のう」は初耳でしたので感謝です。また蕎麦が山口でもあちこちで見られる由のこと、今でもそうなら昔はもっとということなのでしょう。
これからも気になる記事が出たら、ブログ運営の迷惑を省みずコメントさせて頂こうと思いますので、不躾をお許しください。難しい事は適当にあしらっていただければ結構です。ありがとうございました。